ナチュラルチーズのタイプ

硬さ、原材料、熟成方法などでいろいろ分かれるチーズの種類ではそれを総合したらどんなタイプに分かれるのでしょうか?

 

「フレッシュタイプ」
熟成させない生のままなので水分が多く柔らかいです。酸味とさわやかな風味が特徴です。
低脂肪なカッテージチーズはダイエットにもいいそうです。あとフレッシュタイプで有名なのが、ティラミスでも使うマスカルポーネじゃないでしょうか?

 

「白カビタイプ」
白カビで熟成させるタイプですが、こちらのタイプに入るのが日本でも有名なカマンベールチーズです。
周りに白カビの胞子を吹き付けて熟成させています。濃厚でまったりとした味わいです。

 

「青カビタイプ」
青カビで熟成させているタイプです。日本人にはあまり馴染みがないでしょう。しかしこの青カビこそがチーズの味に深みを出してくれます。ゴルゴンゾーラが一番有名だと思います。

 

「ウォッシュタイプ」
熟成中に外皮を塩水やブランデーなどで洗うことから名づけられました。香りは強烈で好き嫌いがはっきり分かれるチーズとなります。

 

「シェーブルタイプ」
シェーブルタイプは牛の乳ではなく、山羊の乳から作ります。実は・・・牛の乳のチーズよりも前から作られているチーズです。ほかのチーズに比べて見た目がバラエティにとんでいます。表面が黒っぽいのもあります。

 

「セミハードタイプ」
水分を飛ばして硬めに仕上げています。水分が少ないので保存性があります。

 

「ハードタイプ」
セミハードよりも水分量を減らしています。ハードで有名なチーズは、日本でもなじみのあるパルメジャーのです。

関連ページ

チーズの作り方
昔は乳を殺菌せずにしていたけど・・・やはり今では殺菌処理が義務づけられています。でもこれをすることによって乳酸菌が死んでしまうので、凝乳酸素を加えて固めていきます。
チーズの栄養は!?
さて・・・チーズはどんな栄養があるのでしょうか? いろんな乳から作られているので栄養が豊富そうですね。
チーズに関する道具やレシピ
チーズに必要な道具といえば・・・チーズおろし器でしょう。おろし器も種類もあるのでチーズの種類によって使い分けましょう。
チーズの食べ方と食べごろをチェック
殆どのチーズは製造後もゆっくりと熟成が進む。フレッシュタイプはやはり製造後なるべく早く食べるのが一番美味しく頂けます。ですので、パッケージや包装の膨らんだものは避けた方がいいでしょう。
チーズの種類
チーズって一言に言ってもかなりの種類があるよね。でも大きく分けると二つの種類に分かれます。