チーズの栄養は!?

さて・・・チーズはどんな栄養があるのでしょうか?
いろんな乳から作られているので栄養が豊富そうですね。

 

もちろんチーズの種類によっても栄養が違うけどね・・・。
やはりチーズにはカルシウムがダントツに入っています。

 

牛や山羊も・・・・乳を飲ませて子を育てるので栄養がたっぷりなんですよ。人間も同じですよね。母乳にはいろんな栄養が含まれているし。
プロセスチーズは、100g当たりに630mgもあります。パルメザンチーズは、100g当たりに1300mgもあります。めざしは、100g当たりに180mgなので、チーズはカルシウム豊富ですね。

 

ほかにもビタミン、タンパク質などあります。
実は・・・肝機能にも効果的なんです。タンパク質は、発行、熟成などの工程によりアミノ酸に分解されていく・・・これが肝機能疾患に効果的と言われています。あとは胃腸の働きにもいいそうです。

 

チーズには脂肪分が多いのは確かですが、食べると太るというのは間違っています。チーズの脂肪分は乳化状態なので消化されやすいので過剰に摂取しない限り太りません。

関連ページ

ナチュラルチーズのタイプ
硬さ、原材料、熟成方法などでいろいろ分かれるチーズの種類ではそれを総合したらどんなタイプに分かれるのでしょうか?
チーズの作り方
昔は乳を殺菌せずにしていたけど・・・やはり今では殺菌処理が義務づけられています。でもこれをすることによって乳酸菌が死んでしまうので、凝乳酸素を加えて固めていきます。
チーズに関する道具やレシピ
チーズに必要な道具といえば・・・チーズおろし器でしょう。おろし器も種類もあるのでチーズの種類によって使い分けましょう。
チーズの食べ方と食べごろをチェック
殆どのチーズは製造後もゆっくりと熟成が進む。フレッシュタイプはやはり製造後なるべく早く食べるのが一番美味しく頂けます。ですので、パッケージや包装の膨らんだものは避けた方がいいでしょう。
チーズの種類
チーズって一言に言ってもかなりの種類があるよね。でも大きく分けると二つの種類に分かれます。