チーズの食べ方と食べごろをチェック

殆どのチーズは製造後もゆっくりと熟成が進む。
フレッシュタイプはやはり製造後なるべく早く食べるのが一番美味しく頂けます。ですので、パッケージや包装の膨らんだものは避けた方がいいでしょう。

 

熟成が進んでいます。ただ・・賞味期限内ならば大丈夫なので安心してくださいね。

 

白カビタイプは、賞味期限の2週間ほど前が一番美味しいです。若いうちは中心に芯があって硬めで風味は穏やかです。その後熟成につれて芯がなくなり風味がよくなります。食べる直前に少し常温にしておくと一層美味しく食べらますよ。
青カビタイプは、青いカビの色が変色してきたらカビが窒息状態になっているので買わないようにしてください。
ウォッシュタイプは、賞味期限1週間前が食べごろの目安です。
シェーブルタイプは、木炭がついたものやそのまま熟成させたものは熟成が遅いです。完熟すると強い独特の風味が出てきます。

 

セミハードタイプは、種類によって熟成期間が違います。ほとんどは食べごろのチーズが出荷されています。ゆっくりと熟成が進むので食べごろが比較的長い。
ハードタイプは、水分が極端に少ないので長期保存が可能です。保存状態がよければ質を落とさないので長期にわたり美味しく味わえます。

関連ページ

ナチュラルチーズのタイプ
硬さ、原材料、熟成方法などでいろいろ分かれるチーズの種類ではそれを総合したらどんなタイプに分かれるのでしょうか?
チーズの作り方
昔は乳を殺菌せずにしていたけど・・・やはり今では殺菌処理が義務づけられています。でもこれをすることによって乳酸菌が死んでしまうので、凝乳酸素を加えて固めていきます。
チーズの栄養は!?
さて・・・チーズはどんな栄養があるのでしょうか? いろんな乳から作られているので栄養が豊富そうですね。
チーズに関する道具やレシピ
チーズに必要な道具といえば・・・チーズおろし器でしょう。おろし器も種類もあるのでチーズの種類によって使い分けましょう。
チーズの種類
チーズって一言に言ってもかなりの種類があるよね。でも大きく分けると二つの種類に分かれます。